いちご鼻をなんとして治したい!!そのケア方法とは?

いちご鼻解消.comとは?

いちご鼻解消.comいちご鼻のおすすめ改善方法へようこそ!
お家で簡単にいちご鼻を解消する為のセルフケア。
このサイトはいちご鼻解消の為の専門サイトです。いちご鼻とは? いちご鼻と一言でいっても、実は大きく分けると4種類もあります。
このサイトでは「気になるいちご鼻を自分で解消する方法」「いちご鼻が治るおすすめスキンケアグッズ」など、いちご鼻のおすすめ改善方法を紹介します。
もう悩まない。いちご鼻は解消できる!

そもそも、いちご鼻とは?

いちご鼻と一言でいっても、実は大きく分けると4種類もあることをご存知でしたか?この4種類のいちご鼻では、それぞれ原因が異なっていますので、ケアの仕方も変わってきます。

 

異なる原因のものに、間違った対策法で対処すると悪化したり、逆効果になる場合があるので、しっかりと原因に合わせた対処をすることが重要です。では、その種類とケア方法を一つずつ詳しくみていきましょう。

1、毛穴詰まりタイプのいちご鼻

原因:

皮脂や角質などの老廃物などで大きくなってしまった角栓が、毛穴を圧迫し押し広げられてできたのが「毛穴詰まりタイプ」のいちご鼻です。

ケア方法:

①毛穴を柔らかくすること。

とにかく保湿をしっかりとするようにしましょう。徹底的に保湿をすることで毛穴を柔らかくすることができます。これは時間を要しますが、徹底的に行っていくようにしましょう。

 

②弱アルカリ性の洗顔料を使用すること。

最近の定番となっている弱酸性の洗顔料では洗浄力が弱すぎるため、しっかりと汚れを吸着することができない可能性があります。そのため、毛穴詰まりのいちご鼻には、弱アルカリ性の洗顔料がより効果的です。それによって汚れを吸着することができるので、キレイに汚れを落とすことができます。

③肌のターンオーバーのサイクルを正常に戻すこと。

肌のターンオーバーを正常に戻すことで、必要以上に角質が剥がれたり、角質が硬くなって毛穴を詰まらせる原因を取り除き、毛穴の詰まりを軽減させることができます。では、どのようにして肌のターンオーバーを正常なサイクルへと戻すことができるでしょうか?

 

それには、紫外線対策をしっかり行うことや、保湿を徹底することで肌に潤いを与えることが必要です。また、睡眠時間をしっかり確保し、その質を高めることも効果的な方法の一つです。
毛穴詰まりの原因とは?

2、オイリータイプのいちご鼻

原因:

乾燥を感じた肌は、大量の皮脂を分泌しそのバリア機能を高めようと過剰分泌を始めます。これが「オイリータイプ」のいちご鼻となります。

ケア方法:

オイリータイプのいちご鼻は、乾燥が原因で生じます。どんなに丁寧に洗顔をしていても、Tゾーンがテカってきてしまい、メイクが崩れていく・・とい悩みを抱えていることでしょう。そのため、スクラブ入りの洗顔料やオイリー肌専用の洗顔料を使用している方もいるかもしれません。

 

しかし、それらは洗浄力が強すぎるため、必要な皮脂まで奪っています。そのため、失われた皮脂を補おうと多量の皮脂が分泌されてしまい悪循環に陥ってしまうのです。ですから、洗顔は汚れをしっかり落とすことができ、しかも皮脂を残すことができるマイルドな洗顔料を使用したほうがオイリー肌の方の毛穴ケアには有効といえます。

 

そして、洗顔を行う回数も1日2回までとするようにしましょう。そして、洗顔後にはしっかり保湿をするようにしましょう。また、あぶら取り紙を何度も使用することは皮脂を奪いすぎてしまう可能性があります。なので、あぶら取り紙ではなくタオルやティシュなどを使用すべきでしょう。
脂質肌の毛穴ケア

3、開き毛穴タイプのいちご鼻

原因:

長い時間をかけて詰まっていた角栓の毛穴は角質が硬くなってしまい、角栓を抜いても元に戻りにくい毛穴の状態となっています。それが「開き毛穴タイプ」のいちご鼻と言います。

 

ケア方法:

このタイプの毛穴は、年齢を重ねるとともに生じやすくなってきます。

 

そのため、ターンオーバーのサイクルが乱れていることが一番の要因として考えられるため、ターンオーバーを正常に戻すことが改善策と言えます。それには「保湿」を欠かすことができません。

 

乾燥は皮膚表面のバリア機能を維持するために皮脂分泌が過剰になってきます。これを予防するためにも保湿をしっかりおこない、角質層まで十分に潤わせることが大切となってきます。

 

さらに、十分に保湿された角質は、細胞間脂質が正常化させることができるので、ターンオーバーを正常に戻すことへとつながります。これらを促すためには「保湿」が大きく影響してきますのでしっかり行っていくようにしましょう。
ターンオーバーについて

4、メラニン色素タイプのいちご鼻

原因:

ターンオーバーの遅れや、炎症のある毛穴にメラニンが蓄積して黒ずんでしまったのが「メラニン蓄積タイプ」のいちご鼻です。紫外線の影響も大きく受けています。

 

ケア方法:

正常の皮膚でも、一旦メラニンが大量に生み出されてしまうと、皮膚はしばらくの間黒っぽい状態が続いていきます。しかし、皮膚は28日周期でターンオーバーを繰り返していくので、少しずつ角質とともにメラニンも剥がれ落ち、やがて皮膚は元(メラニンが少ない)状態へと戻っていきますが、この状態に至るまでにはかなりの時間を必要とします。

 

なので、毛穴に蓄積されたメラニンを除去するにもかなりの時間が要することになるのです。もしターンオーバーのサイクルが乱れているのであれば、さらなる時間が必要となることでしょう。なぜなら、メラニン蓄積型の毛穴は、毛穴の角質がなんらかの影響を受けて、ターンオーバーが遅れている可能性が高いからです。

 

その大きな原因の一つとして、酸化した角栓を挙げることができます。酸化した角栓は、常に毛穴の皮膚に触れ続けることにより、その部分の角質が影響を受けてターンオーバーを遅らせているのです。なので、角栓が詰まっているのであれば、肌の刺激にならないように優しく、そしてゆっくりと時間をかけて角栓を除去していくようにしましょう。

 

また、紫外線ケアを徹底的に行い、新たなメラニンを生み出すことがないように注意するようにしましょう。メラニンの生成を抑えるために、美白アイテムを使用することが効果的です。それらを購入する際には、厚生労働省が認可している美白成分配合の医薬部外品を選ぶようにしましょう。
UVケアでスキンケア

いちご鼻を悪化させる要因とは?

いちご鼻の状態は改善させることは可能です。そのためにまず、いちご鼻を悪化させる要因を知っておくことで、まずは悪化を避けることができるようになります。ではその5つの要因を見てみましょう。

1、洗顔のしすぎ!

毛穴に詰まっている汚れが気になるため、洗顔料で頻繁にゴシゴシと洗っていませんか?これは肌に必要な皮脂まで奪ってしまうためNGな行為です。肌は、失われた皮脂を補うために、皮脂腺はより多くの皮脂を分泌しようとして過剰に働き、毛穴を広げていくので逆効果となってしまいます。ですから、洗顔料の使用頻度は、多くても1日朝晩の2回までとするようにしましょう。そして、洗顔の際は、肌を手でこするようなことは避け、なでるようにやさしく洗うようにしましょう。

 

2、毛穴の皮脂は無理矢理押し出さないこと!

鼻の毛穴に詰まっている皮脂を手で押し出すのが快感!という感じている方がもしいるとしたら、ただちにやめるようにしてください。無理に皮脂を押し出した後の毛穴は、自然に皮脂を排出した後よりも広がってしまう恐れがあります。さらに皮脂を手で押し出すことが習慣化している方は、頻繁に刺激を与えているため皮膚が硬くってしまう可能性が非常に高いです。そうなってしまうと、肌表面と毛穴の凹凸が目立ってきてしまうので、いちご鼻はさらに悪化してしまうことでしょう。

 

3、メイク落とし忘れ・・

あまりにも疲れていたため、帰宅後に化粧を落とさずに眠ってしまった・・という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

化粧をしたままの状態の肌は、ファンデーションなどの汚れが毛穴に詰まるのはもちろん、肌が乾燥してしまい、より多くの皮脂を分泌することになります。分泌した皮脂とファンデーションなどの汚れが混ざってしまうと、いちご鼻状態へと悪化していきます。

 

4、紫外線

いちご鼻の原因でもある毛穴の広がりには、皮膚の奥の真皮層にある「繊維芽細胞」とも関係があります。繊維芽細胞にはコラーゲンやヒアルロン酸をつくる働きがあり、それが肌の内部からハリや弾力を生みだして、毛穴を目立たなくする働きをしているのです。

 

しかし、紫外線を浴びると真皮がダメージを受け、繊維芽細胞の働きが弱まり、肌はたるみ、毛穴が広がってしまうのです。紫外線はお肌の敵と言えるでしょう。

 

5、引きはがすタイプの毛穴パックには注意が必要!

角栓を剥がしとるタイプの毛穴パックは、薬局やドラッグストアなど手軽に購入できるため、いちご鼻で悩んでいる多くの方は、一度は使用したことがあるのではないでしょうか?しかしこのタイプの毛穴パックは、肌の必要な角質や油分、水分まで奪います

 

そのため、肌への負担が大きく、頻繁に使っていると皮膚が硬くなり、毛穴のブツブツが余計に目立ってしまった・・という口コミも多く寄せられています。ですからあまりおすすめすることができないアイテムですが、どうしても使いたい場合には、肌のターンオーバー周期(28~56日)を過ぎた、1~2ヶ月ごとに使うと良いでしょう。
いちご鼻改善の3つの方法

洗顔でいちご鼻や鼻の黒ずみを解消しよう!

毛穴の角栓のつまりを解消するポイントは、毎日の洗顔です。しかし、洗顔の仕方は、肌のタイプによって変わります

肌のタイプによって違う洗顔方法

  • 普通肌・・・洗顔料の泡をしっかりと立てて、やさしく丁寧に洗います。
  • 脂性肌・・・洗顔をする前に蒸しタオルで毛穴をひらきます。その後、しっかりと泡立てて指で擦らないように洗います。
  • 乾燥肌・・・優しく洗顔することができるでしょう。
  • 混合肌・・・できるならミルクタイプの洗顔料で擦らずにやさしくゆっくり洗いましょう。

 

自分の肌にあった洗顔方法で洗うことにより、いちご鼻をすっきりケアしていくことができるでしょう。
洗顔料選びのポイント

「蒸しタオル」の効果ってスゴイ!!

蒸しタオルケア方法は、コストがかからず高い効果を期待ができる方法なので最大限に活用していきましょう。ではどのように蒸しタオルでケアをすると良いのでしょうか?

  1. まず水で濡らしたタオルを、電子レンジ500Wで40秒温めます。
  2. 洗顔前に蒸しタオルを鼻に数分間乗せて毛穴の開きを促していきます。
  3. 洗顔料をしっかりと泡立て、肌の上に乗せるような感じでやさしく洗います。ゴシゴシ洗顔することは刺激が強く、肌トラブルの原因となりますので避けましょう。
  4. 最後にしっかりと水で泡をすすぎます。洗顔にかけた時間の2~3倍の時間を使って洗い残しがないようにしっかりすすぎましょう。

蒸しタオルケア

いちご鼻や黒ずみの予防も大事!

毛穴のトラブルが生じる前に、しっかりと予防をすることが大切です。また、改善することができた毛穴トラブルを再発させないためにも、予防はしっかり行いましょう。ではどのように予防していけば良いのでしょうか?

 

・良質な睡眠を確保すること。

肌は夜10時から2時までの間、一番活発に新陳代謝が行われていると言われています。ですから、できることならこの時間帯に質の良い睡眠をとるように心がけましょう。寝つきが良くなるように「ぬるま湯の半身浴」などをし、身体を温めてから寝ることで良質な睡眠をとることができます。その結果、お肌にもよい影響を与えることができるでしょう。

 

・生活習慣を見直してみること。

美肌には、ストレス、タバコ、寝不足は厳禁な行為です。それらは、活性酸素が過剰に発生する原因となり、その結果、肌の老化、シワ、シミなど肌トラブルの元となります。

 

・食生活

体内に取り入れたものがそのまま肌の状態を映し出します。スナック菓子や油で揚げたような惣菜などを常習的に摂取することで、皮脂が多く分泌されることでしょう。

 

これはいちご鼻の原因となりますので注意が必要です。

 

このようにいちご鼻の予防対策は、基本的な生活習慣と密接な関係があります。この機会に自分の生活習慣を見直してみるのはいかがでしょうか?
予防に効果的なサプリ

毛穴にはビタミンC!

ビタミンCには、皮脂分泌の調整、コラーゲンの減少の抑制、セラミドやヒアルロン酸の合成促進といった作用があるので、毛穴のトラブルを予防しつつ、肌の老化を遅らせ、色素沈着を防ぐ効果を期待できます。


また、ビタミンCには毛穴をしっかりとケアしつつ、美肌効果も高めるという効能もあります。そのため、ビタミンCが配合されている化粧品を使用することも毛穴トラブルにとても効果的です。しかし、化粧品の成分表示を確認しても、ビタミンCそのものの原料名を見かけることはまずありません。

 

成分表示には、「L-アスコルビン酸」、「リン酸ーL-アスコルビルグルコシド」、「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」、「リン酸-L-アスコルビルマグネシウム」などと記載されています。
また、これらの配合成分は、肌に浸透しやすい誘導体の形をとっており、これらを含むさまざまな化粧品があります。いちご鼻を適切にケアしていくためには、ビタミンCが配合されている化粧品で、自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

そして、毛穴のお手入れでは、角栓や黒ずみなどを取り去るスキンケアと、有効成分を肌に与えるケアとのバランスが大切です。これらを踏まえて、いちご鼻の黒ずみを改善し、適切にケアしていきましょう。
ビタミンCの多い食生活

記事作成者

白石結

美容が趣味の主婦です。美容グッズを集めたり使用したりするのが趣味です。
いちご鼻については、自分でも悩んでいて、色々調べて改善できましたので
その体験を皆様にもお伝えしたいと思いサイトを作りました。
よろしくお願いします。

更新日:

Copyright© いちご鼻解消.comいちご鼻のおすすめ改善方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.